さいたま絹文化研究会主催

 

さいたま絹文化フォーラム VOL.4 KAWAGOE

 

絹でつながる川越と横浜 ~時の鐘と横浜生糸商人~

今回は川越と横浜のつながりをテーマに開催します。川越大火(明治26年)で焼失した「時の鐘」の再建に横浜の3人の生糸商人が貢献していたことはあまり知られていません。120年前の川越と横浜のつながりを考えます。

日 時: 2019年3月9日(土) 13:00~16:00

会 場: 氷川会館  川越市宮下町2-11     電話049-222-8417

定 員: 100名(事前申込制 定員になり次第締切り) 

参加費: 一般500円(当日受付にてお支払いください)さいたま絹文化研究会会員無料

 (当日入会の場合は参加費無料 年会費1,000円)

 

お申込:FAXまたはe-mailにてお申込みください。

FAX/049-277-8491(氷川神社社務所)E-mail/ shamusho@hikawa.or.jp

申込期間: 会員/2月1日より 一般/2月4日より

<時の鐘見学>  10:00~11:00(直接現地へお越しください)

<絹文化神鋼祈願祭> 祈願希望者12時までに氷川会館1Fにて受付をお済ませください。祈願後、特別なお守りをおわかち致します。(先着50名様)

<プログラム> 13時開演

 基調講演  『時の鐘』に名を刻んだ横浜商人~原・茂木・平沼

        講師:平野 正裕氏(横浜市史資料室)

 講演①   川越出身の横浜茂木商店支配人・安斎羊造について

          講師:折井 貴恵氏(川越市立美術館)

 講演②   横浜の絹遺産 ~横浜の歴史を生かしたまちづくり~

          講師:米山 淳一氏(横浜歴史資産調査会)

 

   *パネル展示  川越総合高校 養蚕復活の様子

<協力> (一社)高麗1300・NPO川越きもの散歩

<後援> 埼玉県、川越市

 

銘仙収集家木村和恵さんによる銘仙鑑定会。シーラクリフ教授も銘仙のきものを持参されました。
銘仙収集家木村和恵さんによる銘仙鑑定会。シーラクリフ教授も銘仙のきものを持参されました。

さいたま絹文化フォーラムvol3 秩父絹発祥の地・横瀬町

さいたま絹文化フォーラム vol.2

 

~先人の足跡をたどり蚕糸・絹文化を次代へ~

 

◆日時 平成29年3月26日(日)

 

    午後1時ー4時半(受付開始12:30)

 

 (11時ごろより 手織り体験、高句麗衣装体験コーナー開始)

 

◆会場 高麗神社 (日高市新堀833)

 

◆参加費  500円 (さいたま絹文化研究会会員無料)

  *当日さいたま絹文化研究会にご入会(千円年会費)の場合は無料。

 

◆お申込み 定員  100名(先着事前申込制となります)

     川越氷川神社社務所へfax 049-277-8491 

     または当HPの申込みフォームより受付ています。

 

◆講演1 「渡来人から現代のファッションまで」

元飯能商工会議所会頭・(株)マルナカ代表取締役 中里昌平氏

イッセイミヤケ、コムデギャルソン、皆川明などパリコレで活躍するデザイナ

ーにテキスタイルを提供されています。日本のものづくりのお話を伺います。


◆講演2「染織を通してみる古代日本と大陸」

 文化学園大学名誉教授 有職組紐道明 道明三保子氏

正倉院、法隆寺に伝わる膨大な染織品及び、シルクロードの研究をされています。豊富な画像を見ながら解説いただきます。大陸と古代日本の関係を服飾文化を通して考察します。

 

◆展示・体験交流会

 重要文化財 高麗家住宅にて 座繰りで真綿からの糸作り実演と体験・

高句麗衣装体験コーナーなど

高麗神社内にある重要文化財の高麗家住宅
高麗神社内にある重要文化財の高麗家住宅

 

さいたま絹文化フォーラム vol.1

 

~先人の足跡をたどり蚕糸・絹文化を次代へ~

 

◆日時 平成28年  228日(日)

 

    14:00~16:30(受付開始13:30)

 

 (12:30より真綿作り実演、高句麗衣装体験コーナー開始)

 

◆会場  氷川会館  (川越市宮下町2-11-3)

 

◆参加費  500円 (会員無料)

 

*当日さいたま絹文化研究会にご入会(千円年会費)の場合は無料となります

 

◆定員  100名(先着事前申込制となります)

     fax 氷川神社 049-277-8491 または当HPの申込みフォームより

     申込み下さい。

 

 

◆活動報告 当会会長 高麗神社宮司 高麗文康

 

講演 「蚕糸・絹と共に歩んだ50年」

多摩シルク21研究会代表 小此木エツ子氏

皇室での御養蚕・伊勢神宮への絹織物の奉納などに関わってこられ、東京シルクのブランド製品化に尽力されています。

 

                

◆展示・体験交流会

 

真綿からの糸作り実演と体験・高句麗衣装体験コーナー・ 

秩父銘仙コレクター木村和恵さんによる銘仙展示とお話

秩父神社・高麗神社・川越氷川神社 絹文化資料などの展示と解説